YUHAKUプロデュースブランドALBERTEのラウンドファスナー束入れASB124

スリムさを追求したYUHAKUの新レーベル・ALBERTE。薄さをキープしつつ、安心感のあるラウンドファスナータイプに仕上げたのがこちら。YUHAKUの新しい顔になりそうなキモノの襟をイメージしたフロントデザインも素敵な長財布の特徴をチェックしましょう!

スリムさと安心感を両立させたラウンドファスナー

ラウンドファスナータイプの長財布といえば、大容量でファスナーですべてをカバーできる安心感があるものの、財布がパンパンになる・女性っぽいイメージになってしまうなどのデメリットがあります。

スリムさと安心感を両立させたラウンドファスナー

ALBERTEのラウンドファスナー束入れは全体的な厚さを15mmに抑えつつ、カードポケット6か所と名刺サイズのポケット2か所、内部のコインポケットによって分けられた2か所の札入れスペースを装備。革の重なりを少なくすることで、カードや領収書など必要なものを入れても財布が膨らんでしまうことがありません。

またL字型のラウンドファスナータイプにすることで、お札や中身が滑りでる心配もゼロ。スリムなデザインは美しいけれど、フラップレスは心配、あるいは財布の中身を減らせないという人はこちらがオススメです。

幾何学的な美しさが特徴のカードポケット

財布の裏面には最大5枚まで収納できるカードポケットを装備。珍しい鱗片型でカード同士が重なる部分が少なくなるように設計されているため、全体のフォルムに影響を与えることがありません。

幾何学的な美しさが特徴のカードポケット

タイトなポケットでありながら、素材が柔らかいこと・取り出し口が三角にカットされていることでカードの取り出しもとてもスムーズ。支払いのシーンもスマートにこなせそうです。

傷や汚れが目立ちにくいエンボス加工の牛革

財布の劣化原因といえば、傷や水濡れが挙げられますが、意外に侮れないのが皮脂の汚れです。毎日、手にする財布は目に見えない皮脂の汚れが蓄積されていってしまうもの。ALBERTEシリーズで使用している国産の牛革は柔らかい皮革にエンボス加工を施すことによって、皮脂汚れが目立ちにくくなっています。

傷や汚れが目立ちにくいエンボス加工の牛革

柔らかい牛革に施されたエンボス加工には立体感があり、余計なものをそぎ落としたシンプルなデザインのALBERTEシリーズに高級感を与えてくれています。