新発想の長財布・YUHAKUプロデュースブランドの束入れASB121

フラップ(フタ部分)のない新発想の長財布がYUHAKUプロデュースブランドALBERTEの束入れASB121です。特許出願中のこの長財布は革の重なりを最小限に抑えることで、長財布でありながら究極のスリムさを追求しています。

エンボス加工を施した国産牛革でビジネスシーンはもちろん、休日のラフなスタイルにもフル活用できそうな新しいタイプの長財布を紹介しましょう。

エッジのきいたムダのないフォルム

2009年の設立以来、他のブランドにはないカラーとデザインでユーザーを楽しませてくれているブランドYUHAKU。そのYUHAKUの新レーベル・ALBERTEは財布の概念を変えるフラップレスタイプで特許出願中なのだとか。

エッジのきいたムダのないフォルム

この長財布はフタがなく、ディティールの設計にもこだわっているため全体の厚さはなんと8mm。スーツの内ポケットに入れても服のラインに影響を与えることがありません。

カードケースは本当に必要なものを最低限納められる5か所。カード同士の重なる部分を最小限に抑えているため、一般的なスリムタイプの財布よりもさらに薄く仕上がっているのです。

エンボス加工を施した柔らかい国産牛革

ALBERTEの素材は傷や汚れが目立ちにくいエンボス加工にアイロン処理を加えた独自のもの。高級感があるだけではなく、財布に多い皮脂の汚れもつきにくくなっています。

エンボス加工を施した柔らかい国産牛革

フラップがないとういうと、不安を覚えるかもしれませんが、札入れ部分やカードポケットの部分は中身が滑り落ちないようにテンションをかけてあるので安心です。それでいて革自体が手に吸い付くような柔らさのものを使用しているので、中身の出し入れにストレスを感じることもありません。

また小銭入れの内部には隠しステッチが入っていて、小銭が財布内部のスミに引っかかってしまうのを防いでいます。見た目のカッコよさだけではなく、使う人のことを考えたユーザビリティの高さもYUHAKUらしさの表れと言えるでしょう。

モダンなカラーバリエーション

モダンなカラーバリエーション

YUHAKUの特徴である豊富なカラーバリエーションはALBERTEでも同様。ホワイト×イエロー、グレージュ×アイスブルーといった他のブランドではまず見られない組み合わせもあり、カラーがコンビになっているため、パッと見たときの美しさだけではなく、財布を開いたときのインパクトも見逃せません。